nophoto

社長blog

オウ環境の名前の由来

名刺を渡すと時々事務所の名前の意味を聞かれる、説明するほど大して考えてある訳ではないが、気になる人の為に決めた時の経緯を話しておきます。

事務所を始める40年前に発起人の友人3人と集まって名前を考えた、住宅地計画やまちづくりを目指すと言う事で広がるイメージを考え日本とかアジアの地域を考えたが、最終的には中央ではどうかと言う事になった。しかし世の中同名も多くそれなら中央の央をとり央環境でどうかと言う事で決まりかけたが、何も無いゼロからのスタートなのでオウはゼロにもつながるとしてO環境にした、しかし名刺を渡した人の中にはゼロ環境と呼ぶ人も見えたのでやむなくOの上にオウと振り仮名を付けた。その後名刺のデザインを何度も見直しOが社章になり振り仮名のオウが大きくなり現在の名称となっている。

名前を決めた友人達は、場所は変わっても今でも元気で、東京と名古屋で設計を続けていて時折集まり友好を温めています。

この記事をシェアする