三陸海岸の今

社長blog

三陸海岸の今

10月の後半4日間ほど友人達を誘って津波から4年経った三陸海岸の現状を見てきました。ニュースや話を聞くだけではあまりに断片的で実際の現状はどの程度復興が進んでいるかも分からず、少なくとも建築に携わっている者として知っておく事も大切だと思い出かけました。仙台から女川町を経て気仙沼、久慈から青森の八戸までの約500㎞を車で走破してまいりました。4年経った今でもまだ当時の破壊された施設等がそのまま残り自然の脅威を感じずにはいられませんが、それでも少しずつ確実に変わりつつある三陸にエールを送りたいと思います。                        中西 曄

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧北上川下流に建つ石ノ森章太郎記念館は健在です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

延々と続く工事中の道路

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新女川駅は坂茂建築設計、明るい希望が感じられる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駅前広場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石巻市立大川小学校 献花台

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央に見えるのが陸前高田の「奇跡の一本松」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮古市津波の跡が残る陸橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三陸復興国立公園浄土ヶ浜

 

 

 

この記事をシェアする