本州最北端への旅

社長blog

本州最北端への旅

今年2月に東京で友人達と遅い新年会、その席で六ヶ所村の次世代エネルギーパークや、大間のマグロが一尾1億円で落札とか、東北新幹線が津軽海峡を潜って開通したなどが話題になり、それでは行ったことのない本州最北端の視察を兼て津軽海峡を見ながら大間のマグロを食べようと言う事になり、秋田駅に昼頃集まり津軽半島と下北半島を回って来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

安藤忠雄氏設計の秋田県立美術館

 

最初に泊った五所川原は佞武多(ねぶた)祭り、太宰治疎開地、津軽三味線、岩木山と色々見どころの有るまちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佞武多の館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩木山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

路地景観

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太宰治記念館(国重文)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

津軽三味線実演

 

北海道が望める石川さゆりの「津軽海峡冬景色」で有名な竜飛岬もこの暖かい季節には何の変哲もない穏やかな岬です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竜飛岬から北海道を望む

 

津軽半島から下北半島へ渡るフエリーは、イルカの並走や周りの景色の移り変わりでほんの40分ほどの船旅ですが楽しい船旅です。

 

下北半島の喉首に位置するむつ市の中心地田名部に一泊、近くには霊場恐山がある

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

恐山

本州最北端の大間崎

 

半島の西津軽海峡に面して立ち並ぶ巨岩奇岩群「仏ヶ浦」を見るために近くの佐井漁港から遊覧船に乗る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仏ヶ浦

下北半島を太平洋に沿って南下すると突然目の前に夥しい風力発電の風車群が立ち並ぶのが見えてきます、ここら辺一帯が「六ヶ所村次世代エネルギーパーク」自然エネルギーから化石燃料に至るまであらゆる次世代エネルギーの先端技術を見ることができます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風力発電

八戸種差海岸(三陸復興国立公園)

荒々しさと自然の芝原を抱えた優しく風光明媚な景勝地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

記:中西 曄

この記事をシェアする